男性ホルモン剤の効果

男性ホルモン剤とは具体的にどういうものなのか?ご紹介致します。 - 男性ホルモン剤の効果

新着情報

▶2016/06/04
男性ホルモン剤の効果の情報を更新しました。
▶2016/06/03
心にも身体にも効果あり!男性ホルモンでモテモテに♪の情報を更新しました。
▶2016/06/03
知っておきたい!男性ホルモンのメリットとデメリットの情報を更新しました。
▶2016/06/03
通販で人気のホルモン剤3選の情報を更新しました。
▶2016/06/01
今日から始める、男性ホルモンの増やし方の情報を更新しました。

男性ホルモン剤の効果

「アスリートのような肉体になりたい!」「若い時のような活力あふれる生活がしたい!」そんな憧れを持つ男性は少なくありません。そんな男らしさに憧がれる男性に注目されているのが「男性ホルモン剤」です。これまでも、女性の更年期障害や癌の治療など様々な場所でホルモン剤は活躍してきました。女性のみの病気と思われていた更年期障害は、男性にも発症することが近年話題になり「男性ホルモン剤」がスポットを浴びることが増えてきています。ここでは、今までは男性ホルモン剤の効果について見てきたいと思います。

ホルモン剤って何?

ホルモン剤とは、体内で分泌されたり、合成されたりする物質を利用した薬のことを指します。甲状腺・副甲状腺ホルモン剤、卵胞ホルモン及び黄体ホルモン剤、タンパク同化ステロイド剤、副腎ホルモン剤など様々なものがあり、男性ホルモン剤もその中の1つです。
ホルモン剤の中には、癌の治療などの病気の治療に利用されているものもあります。

男性ホルモン剤の効果

男性ホルモン剤には、塗るタイプや飲むタイプ、注射するタイプなど、目的に合わせて様々な形状があります。
薬によっても効能は違いますが、すべてに言えるのは「男性らしさ」を手助けする薬だということです。例えば、筋肉量を増やしたり、生殖器系の発育を促したりする効果などが挙げられます。筋肉を作り出すことは筋組織への血流をよくすることになるので、同時に疲労回復効果も期待できます。他にも、性腺機能不全や精子形成機能の低下による男性不妊症の治療に用いられるものもあります。

誰にでも効果が期待できるのか

rshtsth
ホルモン剤も薬なので、人によって相性はあります。しかし、性ホルモンが形成されるプロセスを考えると有用性があると言えます。

性ホルモンは、体内でコレステロールを基に合成されます。コレステロールから副腎皮質ホルモンが形成され、副腎皮質ホルモンから男性ホルモンが作られていくのです。この過程で作られる「副腎皮質ホルモン」は「抗ストレスホルモン」とも呼ばれています。名前からも分かるように、頑張らなければならないときに消費されるホルモンなので、日常生活の中でストレスと戦う際に活発に消費されます。よって、頑張れば頑張るほど「副腎皮質ホルモン」が使われてしまうため、男性ホルモンは足りなくなってしまうのです。

ホルモン不足になると、「男らしさ」が減少していってしまいます。そのため、精力や筋力が低下し、体力も低下してしまいます。
これらのことを考えると、ホルモンが形成されにくい状況を打開する薬として、有効的に活用すれば効果が期待できることが分かります。

適正量で補い、ライフスタイルを見直す

先にも述べたように、有効的に活用すれば「男らしさ」を手助けしてくれる薬ですが、副作用もあります。身体が作りだせなかった分の物質を、外から入れ続ける訳ですから、心にも身体にも想像以上の負担がかかっている状態であると言えます。根本的な問題を解決するためには、身体に合った適性量のホルモンを補いながら、食生活やライフスタイルを見直し、体力や気力を底上げしていく必要があります。

現状を見つめ直す

男性ホルモン剤は、薬として利用されるものですので、むやみやたらに摂ればいいという訳ではありません。自分の現状をしっかりと見つめ、状態に合った薬を使用していきましょう。
「男らしさ」を自信に、活力がみなぎる生活を送っていけるといいですね。
副作用の無いホルモン剤

Copyright(C)2016 男性ホルモン剤の効果 All Rights Reserved.